睡眠導入剤の半減期とは

最近では、睡眠導入剤を使用している方が増えています。睡眠導入剤には、短時間型や、超短時間型といった短時間で効いて薬が残りにくい物が主流になってきています。なぜならば、睡眠導入剤は短時間で効果が出て、効果が出た地点を頂点として少しずつ半減期といってゆっくりと効果が薄れてくる物です。
この半減期は体質によって、多少の差がありますので飽くまで目安ではありますが。例えば、超短時間型と呼ばれる物は飲用から2時間から4時間の間が半減期といわれ、薬の持続時間です。
自分の睡眠サイクルを無視して、忙しく短時間しか眠れない方。または、仕事の最中に仮眠を取られる方が超短時間型以外の睡眠導入剤を使用したばあい、目が覚めないという事も有ります。また、無理矢理目を覚まして仕事をしようとした場合危険を伴う事も十分予想されます。絶対にそれは有ってはならない事です。睡眠導入剤を処方して欲しい場合、または医師から睡眠導入剤を処方して貰う場合は必ず自分の生活サイクルに有った薬を出して貰う必要性があります。
半減期という言葉は普段使いませんので、半減期について説明したいと思います。半減期とは、薬の血中濃度がピーク時の半分まで減った状態の事を差します。半減期は、薬の効果が感じられなくなるだけで、まだ血中には薬が残留しています。ですから、何となくだるい、眠気がスッキリとしない。そういった事も、体質や薬の種類によっては出る事があり得ます。もし、貴方が睡眠導入剤を処方されて翌朝辛い事が有る場合は是非医師に相談してみてください。もっと、効果の短い薬や、違う種類を試す事で体質に合った薬を処方して貰う事が出来、安心して薬を服用出来るようになりますし。眠りの質を上げる事になるのです。